クロ日記

偏差値40台から一年で大阪大学に受かった経験を生かして大学受験のことをまとめています。一日一投稿。

[英語問題集]英作文ハイパートレーニング和文英訳/自由英作文編の使い方やレベルを評価する

20190225103223

こんにちは!クロです!

今回は英作文の問題集である「英作文ハイパートレーニング」について話していきたいと思います。

 

僕もこの問題集を使いました。

この問題集をした後に大阪大学の過去問に移りましたが、過去問にも十分対応できるレベルまでに到達していました。

 

この記事は、

  • 買ったはいいけどどう使えばいいんだろう
  • 買おうと思っているんだけど実際どうなんだろう

 という人向けの記事です。

 

買おうか迷っている人に向けての答えを言っておきます。

  • 和文英訳編はドラゴンイングリッシュ基本英文100を使った後であれば、別にする必要はない。
  • 自由英作文編は二次試験に自由英作文があるのであればやっておくべき。

 

では英作文ハイパートレーニングについて評価していきます。

基本情報

使用目的  英作文問題演習
難易度

 [和文英訳編]

基礎〜中堅大

[自由英作文編]

基礎〜難関大

使用目安時期  〜高3の12月
オススメ度 ★★★☆☆

一周にかかる

時間の目安

 一周約50時間

(±15時間) 

ハイパートレーニングシリーズには

  • 英語長文ハイパートレーニング(レベル1)
  • 英語長文ハイパートレーニング(レベル2)
  • 英語長文ハイパートレーニング(レベル3)
  • 英作文ハイパートレーニング(自由英作文編)
  • 英作文ハイパートレーニング(和文英訳編)
  • 英文法ハイパートレーニング(レベル1)
  • 英文法ハイパートレーニング(レベル2)
  • 英文法ハイパートレーニング(レベル3)

 の合計8冊出版されています。

そのうち英作文ハイパートレーニングは2冊出版されています。 

 

 

英語長文ハイパートレーニングもオススメです。

こちらの記事で詳しく説明しています。

まだ使ってないという人は必ず見てください。

[英語問題集]英語長文ハイパートレーニングの使い方やレベルを評価する

 

英作文ハイパートレーニングのいいところ

解説がとにかく詳しい

これはハイパートレーニングシリーズ全体で言えますが、

かなり解説が詳しいです。

 

英作文の勉強というと独学でするのは難しいイメージがあるかと思います。

しかし、この問題集は解説がかなり詳しいので、英作文を自分で添削することができます。

 

自分で添削できるレベルの解説がある問題集は他にないでしょう。

 

基礎から始まり難関レベルまで引き上げてくれる

この問題集の和文英訳編は、疑問文の作り方という中学校レベルの話から始まります。

 

簡単すぎて時間の無駄なんじゃないの?

と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、僕もやってみて思ったのは、英作文を作るには深い理解が必要ということです。

疑問文の作り方も表面上は理解していましたが、深いところまで理解できている人は稀です。

 

仮に深いところまで理解できているという人は、すぐに問題をこなせるのでたいした時間のロスにもならないですよ。

 

基本例文が付いてくる

英作文ハイパートレーニングは二冊とも、この問題集でやった内容が凝縮された例文が付いています。

 

その例文を見返すだけで復習できるのでかなり便利です。

短い英文ですので全て覚えてしまうと本番で役に立ちます。

 

自然と復習できる仕組みになっている

この問題集はある程度進んだら、復習問題が付いています。

もちろん自分で意識して復習することは大事です。

 

しかし意識せず前から後ろに解いていくだけでも復習できる仕組みになっています。

 

CDが付いてある

この問題集には基本例文の日本語訳と英文が収録されたCDが付いてきます。

CDが付いているかいないかで記憶への定着はかなり変わってきます。

 

CDはぜひ使いましょう。

 

英作文ハイパートレーニングの悪いところ

英文法の知識は必須

これは悪いところというよりかは、どの参考書も同じことです。

英作文の勉強において英文法の知識は必須です。

 

この問題集の解説が詳しいと言っても、英文法の知識はほとんど解説してありません。

 

この問題集をやる前に文法の知識は身につけておきましょう。

 

英作文ハイパートレーニングの使い方

一度自分で例題を解いてみる

例題の近くに解説があるので、解かずに解説を見てしまいがちです。

しかし、一旦解説は隠して自分で考えて書いてみましょう。

 

自分の知識の漏れがあることが如実に出てきます。

 

解説を見て理解する

例題を解いてから解説を見て理解しましょう。

間違えやすい点や、書き方のテクニックを意識して解説を読みましょう。

 

他の回答例も見る

自由英作文編だと特にですが、やはり英作文というのは答えが一つではありません。

 

問題集には解答例が載っています。

そちらは完璧な答えですのでかなり綺麗な英文です。

 

自分もそのレベルの文章を書けるように理解しましょう。

 

復習問題を解く

復習問題が出てきますのでそれも必ずやっておきましょう。

 

2周した後はCDを使って基本例文を覚える

この問題集は最低二周しましょう。

二周した後は基本例文のみ覚えていきましょう。

 

英作文ハイパートレーニングはどのような人が使うべきか

和文英訳編

和文英訳編は初めて英作文を勉強する人が使うと良いでしょう。

僕はドラゴンイングリッシュを使った後に、この問題集をしましたが被っている部分も多かったです。

ドラゴンイングリッシュか和文英訳編どちらか使うと良いでしょう。

オススメは、ドラゴンイングリッシュの方ですが。

 

 自由英作文編

自由英作文編はある程度、英作文の知識があるという人が使うと良いでしょう。

 

和文英訳編、もしくはドラゴンイングリッシュのどちらかをやってから使ってください。

 

 

英作文ハイパートレーニングを始める前に使うべき参考書

ドラゴンイングリッシュ基本英文100

こちらは受験漫画の頂点に立つドラゴン桜の英語教師にもなった受験英語界のカリスマ竹岡先生が著者の本です。

ドラゴン桜って漫画の話でしょ?

と思って、この参考書を甘く見ている人もいるかもしれません。

しかしこの参考書で受験英作文・英文和訳に関するほとんどのテクニックを学ぶことができます。

たった100文の中に、よく使われるフレーズ、間違いやすい熟語の使い方、上手な文章の言い換えなど全て盛り込まれています。

この参考書にのってある100個の英文は全て完璧に覚えましょう。

この100個の英文で超難関大学の和文英訳・英作文に対応できるようになることでしょう。

 

ドラゴンイングリッシュの詳しい情報はこちらでごらんください。

[英語参考書]ドラゴン・イングリッシュ基本英文100の使い方やレベルを評価する - クロ日記

 

英作文ハイパートレーニングが終わった後に使うべき問題集

過去問

この問題集が終わった後は過去問に進んで良いでしょう。

僕もこの問題集をやった後に過去問に移りましたが、十分対応できました。

 

過去問はしっかりと先生に添削してもらってください。

[大学受験]赤本の正しい使い方~過去問を開始するべき時期~ - クロ日記

 

まとめ

この問題集はかなり解説が詳しく、英語が苦手でも無理なくステップアップできます。

一冊終わる頃になるとしっかり段階を踏んで難しい問題を解けるようになるという一冊です。

 

この問題集を終えた時過去問にも対応できる力がつくことでしょう。

ぜひ使ってみてください。

 

 

 

この記事は以上で終わりです。

英作文ハイパートレーニングの、使い方や買おうかどうかについて迷っている人の役に少しでも立てたなら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

英語全体の勉強法についても書いてあります。

こちらで確認しておいてください。

 

www.kuronikki.com