クロ日記

偏差値40台から一年で大阪大学に受かった経験を生かして大学受験のことをまとめています。一日一投稿。

正しい息抜きの仕方を10個紹介していく:勉強に疲れたら読んでほしい記事

20190222001506


こんにちは、クロです!

 

皆さん、ちゃんと息抜きしてますか?

勉強に必死になって息抜きを忘れていませんか?

 

もちろん勉強に必死になるのはいいことですが、息抜きはあなたが思っている以上に大切です。

僕は息抜きをせずに受験勉強をやり続けた結果、精神を病んでしまいました。

 

ずっと勉強するなんて不可能です。

正しい息抜きのやり方を知って、勉強の効率化を図りましょう!

 

今回の記事は

内容
  • 息抜きの際に気をつけること
  • 休憩時間にできる正しい息抜き

について紹介します!

 

この記事は、勉強を頑張っている人向けの記事です!

 

では早速紹介していきましょう!

息抜きの際に気をつけること

20190404233700

息抜きの際に気をつけることが1つだけあります。

 

それは

息抜きは最初に時間を決める

と言うことです。

 

 

長時間勉強するためには、だらだら息抜きを続けているのは逆効果です。

休みすぎると脳みそが疲れてしまします。

 

適正な息抜きの時間は10分程度です。

これを徹底して守っていきましょう。

休憩時間にできる正しい息抜きの方法

では次に休憩時間にできる正しい息抜きの方法について紹介していきます!

1.音楽を聴く

20190327182205

これは僕も受験生の時にやっていました。

 

この息抜きの方法の特徴は、休憩時間の管理がしやすいことです。

大雑把に言うと一曲5分程度なので二曲聴いたら休憩は終わり、

という風な感じで休憩時間を管理しやすいです。

休憩時間もルーティンとすることで勉強のリズムをつけやすくなります。

 

自分の好きな音楽を聴くというのもいいですが、

特にオススメなのはクラシックの音楽を聴くことです。

科学的にも証明されていることですが、クラシックを聴くと脳をリラックスさせる効果があるα波と呼ばれる脳波が発生します。

 

クラシックのなかではモーツアルトの曲が一番α波が出やすいと言われております。

クラシック音楽にも詳しくなれて一石二鳥とも言えますね。

2.ストレッチをする

20190410123900

みなさん勉強する時に座りっぱなしになっていますよね?

 

動いてないのに体がだるいという感覚も感じたことがあるでしょう。

それは長時間同じ姿勢を取ることで筋肉が凝り固まってしまうことが原因です。

 

そういうときはストレッチをして体をほぐし、血液の流れを良くしてみましょう。

体が軽くなりリラックスできますよ!

 

この息抜きの良い点は、1回5分くらいで息抜きが完了することです。

音楽を聴きながらストレッチをしてみてもいいですね。 

3.twitterをみる

20190329125415

もちろんですがtwitterの見すぎは禁物です。

絶対に制限時間を作りましょう。

 

僕がオススメするのはtwitterで勉強アカウントを作ってしまうことです。

勉強アカウントを作っている人はたくさんいるので、その方たちをフォローしましょう。

 

その人たちは比較的受験に対する意識が高く、勉強した時間などをツイートしている人もいます。

そのような人たちを見ると自分もやる気が上がりますよね?

勉強アカウントは受験生時代僕も持っていました。

勉強しているのは自分だけでないと知れてとても良いですよ。

 

ぜひ試してみてください。

4.瞑想する

20190407102753

瞑想というとものすごく仰々しいものに感じられるかもしれません。

しかしそんなに難しく考えなくてもいいのです。

 

僕は目をつぶって呼吸を整えて手をそれらしい形にする

という適当な方法でやっていましたが、かなりリラックスできました。

騙されたと思って一回試してみてください。

精神的にも安定するので、受験生にはもってこいですね!

 

関連記事

こちらに瞑想のやり方を詳しく書いてあった記事を貼っておきます。

僕が受験生のときはかなり適当にやってましたが、正しい方法でやるとさらなる効果を期待できると思います。

https://www.cocokuri.com/blog/meditation-1minute/

5.コーヒーや紅茶を飲む

20190410123857

休憩時間はコーヒーや紅茶を飲むのはかなり効果があります!

 

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインという物質はしっていますよね。

カフェインは覚醒作用で有名ですがリラックス効果も存在します

覚醒作用自体も受験生の強い味方ですが、リラックス効果も期待できるとなると一石二鳥ですね。

 

関連記事

ものすごく詳しく書いているサイトを見つけましたので、気になる方は読んでみてもいいかもしれません。

コーヒーのリラックス効果がもたらす心や脳への影響 | Feliful (フェリフル)

6.ネットでやる気の出る名言を調べる。

20190331095840

やる気の出る名言集はネットにいっぱい転がっています。

かなり単純な方法かと思いますが、一定の効果は出ます。

単純な方法ですが、特にやる気がなくなってくる夕方に見るのがオススメです。

このブログでもやる気の出る名言集は出していこうと思っています。

7.糖分を取る

20190410124305

糖分は摂取することで頭の働きが良くなります

勉強の脳みその疲れも抑えることができます。

 

僕はずっと氷砂糖をなめていましたが、おいしくないのでオススメはしません笑

僕のオススメはチョコレートです。

 

チョコレートにはカフェインが入っていて上述した通りリラックス効果や覚醒作用があります。

チョコレートの中でも特にビターチョコがオススメです。

カカオ成分が強いビターチョコは特にリラックス効果は高いですよ。 

8.外に出て散歩する

20190410124259

ずっと自習室や自室にこもっていると気が滅入ってきます。

そんな時は何も持たず、何も考えず外に散歩に出かけましょう。

スマホをいじりながらではなく外の景色を楽しむことで、無意識のうちに感じている閉塞感が薄れていくでしょう。 

9.面白い動画を見る

20190410124302

面白い動画を見てストレスを解消しましょう。

 

笑うと免疫作用のアップ、脳の働きの活性化、ストレス解消など様々な効果が期待できます。

 

免疫作用のアップ?と思うかもしれませんが、NK細胞が活性化する。といったような科学的根拠はあります。

しかし、その理屈は少し難しいのでそういう効果が期待できる都いうことだけ知っておきましょう

 

ただし、何個も何個も見てしまいやすいので、そこだけは気をつけなければなりません。

最初に決めた時間がきたら終わり!これを徹底しましょう。

10.軽く筋トレをする

20190329204418

運動不足を感じたら軽く筋トレもしてみましょう。

 

血行の促進やリフレッシュ効果があります。

さらに運動をすることでドーパミンが増えてやる気も向上します。

 

ハードな筋トレを行うとむしろ疲れしまう可能性もあるので、休憩時間の間は腕立て伏せや腹筋程度に抑えておきましょう。

しんどいことは嫌いだ、という人もやってみると案外癖になるかもしれませんよ?

まとめ 

息抜きなんかしている暇がない !

といって勉強し続ける人もいます。

 

しかし、ストレスが溜まっているというのは意外と自分で認識することはできません。

遠回りと思うかもしれませんが息抜きはきちんと取っておくことをお勧めします。

 

以上でこの記事は終わりです。

少しでも皆様の役に立てたなら幸いです。