クロ日記

偏差値40台から一年で大阪大学に受かった経験を生かして大学受験のことをまとめています。一日一投稿。

正しい研究室の選び方を現役大学院生が解説する〜見るべきポイントは10個〜

20190513200220

こんにちは!クロです!

 

理系大学生や大学院生にとって、研究室選びって今後数年の生活を決める一大事ですよね!

 

しかし、多くの人が初めての研究室選びということで間違った選び方をすることも少なくありません

その結果、自分と合わない研究室で数年間辛い思いをして通うということもありえます。

 

そこで今回は現役理系大学院生で様々な研究室を見てきた僕が、

内容
  • 研究室内部の情報を知る方法
  • 研究室を選ぶ際に見るべきポイント

について紹介していきます!

 

この記事は

  • 研究室配属先の希望を出そうとしている学部3回生
  • 大学院で研究室を変えようと思っている学部4回生

向けの記事です。

 

では早速紹介していきます!

研究室内部の情報を知る方法

20190331095834

研究室選びで見るべきポイントを紹介する前に、研究室内部の情報を知る方法について先に紹介していきます。

 

研究室内部の情報を知るためにすべきことは、

  1. 研究室のHPを見る
  2. 研究室見学に行く
  3. 学科主催のイベントに行く
  4. 仲の良い友達や先輩に話を聞く

この4つです。

 

それぞれ詳しく説明します。

1.研究室のHPを見る

研究室の内部の情報を知るためには、研究室のHP(ホームページ)を見るのが最も簡単です。

 

研究室のHPを全く見ずに研究室を決定するなんてことは絶対にしてはいけません

HPさえ見れば後述するみるべきポイントと言うのはほとんど知ることができます。

 

まずはHPを絶対に確認してくださいね。

「◯◯大学 ◯◯研究室」で検索したら必ず出てきますよ。

2.研究室見学に行く

大学院で学歴ロンダリングする場合以外は、絶対に研究室見学の授業があるはずです。

研究室配属前にももう一度研究室見学をする機会を与えてくれる大学も多いですね。

 

それに参加して先輩の生の声を聞きましょう。

あまり教授の前では悪くは言えないかもしれませんが、教授がいないところだと全て喋りますよ。

 

その機会を逃してしまった場合でも、直接教授と連絡をとって見学させてもらうことは可能です。

教授も自分の研究室に人が増えるのはメリットがあるので、喜んで引き受けてくれますよ。

3.学科主催のイベントに行く

大学を変えるという場合は、学科主催のイベントには積極的に参加しましょう

研究の内容の紹介などを行うイベントは絶対にあるはずです。

 

学科のホームページを見てみると、イベントの予定が書かれています。

 

僕も主催側で参加しましたが、院試に受かるコツなども話していたので、大学を変える人には役に立つでしょう。

4.仲の良い友達や先輩に話を聞く

あの研究室はブラックだ、あの研究室は楽そうだ。

という噂は必ず流れるはずです。

 

楽な研究室・ブラックな研究室の情報と言うのは、大学院生であれば絶対に知っていることです。

仲の良い先輩がいれば直接聞いてみましょう

 

もしいないという人は、仲の良い先輩がいるという友達に聞いてもらいましょう。

研究室選びで見るべきポイント

20190405162241

では本題の「研究室選びで見るべきポイント」について紹介していきます。

 

先に全て挙げてしまうと

  1. 教授の人柄は良いか
  2. コアタイムの長さ
  3. 研究内容は何か
  4. 研究設備の充実度
  5. 学生の人数は何人か
  6. 研究室内の人間関係
  7. 卒業後の進路
  8. 研究費は潤沢か
  9. 所属している学生の研究実績
  10. HPは更新されているか

この10個です。

 

それぞれ詳しく説明していきます。

1.教授の人柄がいいか

20190410124302

その研究室内で1番権力を持っている教授の人柄はもちろんですが、それ以上に大事なのが自分を指導してくれるであろう指導教官の人柄です。

 

大きい研究室だと、全ての学生をトップの教授が指導するというわけではありません。

その下の准教授や助教授が指導教官になる可能性が高いです。

 

教授とはほとんどしゃべる機会がないという研究室は結構多いですが、指導教官と喋らない研究室はありません。

 

もちろん指導教官が誰になるかは配属前に知ることはできませんが、同じ研究室内にかなり嫌いな准教授がいたのであれば避けたほうが良いかもしれませんね。

 

人間関係が良くない学校生活は楽しくないですよ。

2.コアタイムの長さ

20190416222306

コアタイムとはつまり、何時から何時までは研究室にいないといけないと決まっている時間のことです。

「コアタイムが長い=研究室にいる時間が長い」ということになります。

 

コアタイムがないという研究室もありますし、9時から18時まではコアタイムだ!という研究室もあります。

 

コアタイムの長さによって楽かどうかが決まったりもするので、絶対に確認しておくポイントですね。

8時間以上のコアタイムがある研究室は結構大変ですよ。

 

コアタイムは研究室のHPに記載されている場合もあります。

見ておいてくださいね。

3.研究内容は何か

20190423132106

「楽な研究室であればどこでもいいんだ!」

そう思って研究室を選ぶ人もいるでしょう。

実は僕もそうでした。

 

しかし、そんな意識が低い人でも研究内容はどんなことをやっているかは絶対に知っておくべきです!

 

まず第一に研究室配属されてからその研究室で何をやっているのか知らなければ、結構怒られます(実体験)。

そして、興味のある分野がないと言っても、適当に研究テーマを選ぶと必ず後悔します(実体験)。

 

少しでも興味を引いた分野 (理解できなくても良い)を必ず選んでください。

絶対に後悔しますよ。

4.研究設備の充実度

20190404205711

結構意識の低い人でも研究設備の充実度は知っておいたほうが良いでしょう。

 

これは聞いた話ですが、研究設備が整っていなくて、研究設備を自作するのにかなりの時間を使わされたという学生を知っています。

 

研究じゃなくて研究設備の工作で時間が取られるってあほらしくないですか?

 

純粋に全く楽しそうではないので、ある程度研究設備は見ておいたほうが良いでしょう。

5.学生の人数は何人か

20190407102622

人気のない研究室だと、学生が3人ということもありえます。

 

学生が少ないと、まず寂しいです。

研究に困っても聞ける人がいません。

同じ学年に同期がいません。

 

それなりの人数がいるところを選ぶべきですね。

6.研究室内の人間関係は良いか

研究室内の人間関係もかなり重要です。

もちろん学生同士の人間関係も大事です。

ただ、学生同士で人間関係が悪すぎるということはほとんどありません。

 

では誰の人間関係を見るべきか。

それは、教員間の人間関係です。

教員間の人間関係が悪いという事は多々あります。権力争いですね。

 

教員間の人間関係が悪いと、学生側はものすごく気を使わないといけません。

ただでさえ教員としゃべるときはストレスになるのに、さらにストレスが倍増します。

 

研究室見学の際に人間関係についてコッソリ聞いてみましょう。

7.卒業後の進路

20190331162350

やはり大多数の人は卒業後は有名企業に行きたいですよね。

 

研究室で就職に強いか、就職に弱いかというのは結構違います。

研究室ぐるみである大企業と仲が良いので、その大企業に毎年何人も就職しているという研究室だってあります。

 

やはり、研究室を就職のための足がかりとして利用する人のほうが多いと思うので、しっかりとHPで調べておきましょう。

 

あとは、博士課程に進学する人の割合も見ておいたほうが良いでしょう。

博士課程に進学する割合が多いという事は、居心地が良い研究室である華農政が非常に高いです。

できれば進学率が多い研究室を選びたいですね。

8.研究費は潤沢か

20190407102503

研究費がたくさんあるかどうか、というのは結構重要です。

研究実績ってお金があるかどうかに結構左右されるんですよね。

 

研究費がなければ、先ほども話したように研究設備を自作しなければならない事もあります。

 

前提の知識がないと設備だけを見て、この研究室がお金を持っているのかどうかは判断できないと思います。

そこで科研費のサイトをみて教授の名前で検索してみてください。

研究費が出るはずですよ。

 

あとはポスドクの人数でも判断が可能です。

ポスドクが多ければ、研究室はお金持ちな可能性が高まりますよ!

9.所属している学生の研究実績

20190331095843

所属している学生の研究実績もHPに載ってあります。

どんな論文を出しているか、どのくらいの数出しているかは結構大事ですね。

論文を書く事ができるかどうかは就活でも重要になります。

 

あとは研究室によっては学部4年生で学会に駆り出されるなんて事もあります。

もちろん意識が高い人はその研究室を選べばいいですが、意識の低い人にとっては地獄でしかありません。

そういった判断基準もありでしょう。

 

先輩の話やHPを参考にしましょう。

10.HPは更新されているか 

20190329125415

 HPが更新されているかどうかは意外と重要な判断基準になります。

HPが1年以上更新されていない研究室は避けたほうがいいでしょう。

 

HPは学生が情報を得るために最も大切なツールです。

それを理解していないのであれば、かなり頭の固い教授である事がわかるでしょう。

 

あとは、HPにかまっている余裕がないほどブラックな研究室の場合もあります。

とにかく避けたほうが無難ですね。

まとめ

研究室選びはこれからの数年間を決める大事な選択です。

大学の学部選びと同様にしっかりとポイントを押さえて選んでください。

 

後悔のない研究室ライフを送ってくださいね。

 

この記事は以上で終わりです。 

研究室選びに悩む人の役に少しでも立てたなら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。