クロ日記

偏差値40台から一年で大阪大学に受かった経験を生かして大学受験のことをまとめています。一日一投稿。

参考書オタクが選んだ理系にオススメできる参考書・問題集まとめ

20190303131205

こんにちは!クロです!

 

僕はかなりの参考書オタクです。

どれくらい参考書オタクかというと、勉強の息抜きとして本屋さんの参考書コーナーに行くくらい参考書オタクでした。

 

今まで書いた参考書・問題集レビュー記事が多くなってきたのでこの機会にまとめてみようと思います。

 

いつもオススメ度を5段階で評価してきました。

評価基準は誰にでもオススメできるかどうかで選んでいます。

 

★★★★★:全員が問答無用で使うべき

★★★★☆:他の選択肢はあるけどこれをオススメする

★★★☆☆:オススメできる人は限られている

★★☆☆☆:使ってもいいが別に使わなくてもよい

★☆☆☆☆:使うのは時間の無駄

 

これくらいの感じだと思っていてください。

オススメできる参考書・問題集から順番にレビュー記事を書いているので、評価の高いものが多いですが、それなりに厳しく採点しているつもりです。

 

僕は理系ですので、英語・数学・化学・物理に関しての参考書や問題集のみとします。

 

この記事は

  • 理系で、どの参考書を使おうか迷っている
  • 参考書の情報を軽く知りたい

という人向けの記事です

 

 

では見ていきましょう!

 全員が使うべき参考書・問題集

実戦化学重要問題集

僕が★5をつけた唯一の問題集です。

化学という科目自体この問題集をどれだけやり込めるかどうかにかかっています。

化学を二次試験で使う人は全員これを買ってください。

 

網羅性・解説ともに素晴らしい問題集です。

化学重要問題集についての詳しい情報はこちらでご覧ください。

 

www.kuronikki.com

 

他の選択肢はあるがこれをオススメする問題集・参考書

物理重要問題集

僕が上でごり押しした、化学重要問題集と同じシリーズです。

僕は、二次試験対策はこの問題集のみで、大阪大学の二次試験9割超えました。

偏差値も78ほどまで到達しました。

 

網羅性も高く、解説も申し分ないです。

一段階下げたのは、良問の風→名門の森という王道ルートが他にあるからです。

 

僕は、この一冊で二次試験対策は十分だと思いますが、どちらのルートを選択するかは好みに任せるしかないでしょう。

 

物理重要問題集の詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

www.kuronikki.com

 

物理のエッセンス

物理のエッセンスは物理の参考書・問題集の中で最も有名なのではと思います。

教科書では得ることができない、根本からの理解を可能にする問題集です。

 

根本からの理解を特に大事にしなければならない物理において、かなり重宝される一冊でしょう。

何周もして、マスターしておいてください。

 

一段階下げたのは、初学者にはかなり使いにくいものだったからです。

教科書の理解は別の問題集でやることをオススメします。

 

物理のエッセンスの詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

www.kuronikki.com

 

鎌田の理論化学/有機化学・福間の無機化学の講義

こちらはDoシリーズと呼ばれるシリーズの参考書です。

有機化学や無機化学を暗記だけでなく理解することで、暗記量を格段に減らしてくれる参考書です。

重要項目がまとめられた別冊のシートが付いているのも、勉強しやすくて高評価ですね。

デザインも見やすくて勉強して飽きがきません。

 

鎌田の理論化学/有機化学・福間の無機化学の講義についての詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

www.kuronikki.com

 

宇宙一わかりやすい高校(化学・物理・生物)

ふざけたタイトルと、ふざけた表紙ですが、わかりやすさはピカイチです。

教科書の内容が理解できないという人にオススメです。

 

専門用語を専門用語で説明していないというのが一番のポイントです。

イラストも多く直感的な理解ができるのもいい点ですね。

この参考書を読んでもわからないという人はいないんじゃないか、と思えるほど丁寧に説明されています。

 

一段階評価を下げたのは、初学者のために作られすぎて到達レベルが高くないということを考慮してのことです。

 

宇宙一わかりやすいシリーズについての詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

www.kuronikki.com

 

黄チャート

皆さんのよく知る黄チャート、僕も数学ⅲはこれを使いました。

攻守ともにバランスが良いと表現したくなる問題集です。

 

難関大学受験生は青チャートを使いたくなるところですが、

黄チャート→一対一対応の演習の順番でやる方が楽ではあるでしょう。

 

解説も多く数学の網羅系問題集としてかなり優秀です。

 

数学は色々な問題集ルートがあるため、一段階評価は落としました。

 

黄チャートについての詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

www.kuronikki.com

 

一対一対応の演習

数学好きでこの問題集を知らない人はいないのではないでしょうか?

 

この問題集を解くと、数学の美しさを知れるでしょう。

どういうことかというと、かなり解き方が鮮やかです。

数学を好きになれるでしょう。

 

良問が揃っていて、とりあえずこれをやっておくと間違いはないですね。

 

一対一対応の演習の詳しい情報はこちらでご覧ください。

 

www.kuronikki.com

 

英語長文ハイパートレーニング

この問題集は英語長文の問題集です。

英語長文の問題集の中では一番オススメです。

 

何がオススメかというと、この一冊で問題演習だけではなく、英語長文の勉強のやり方が学べるということです。

長文の勉強法って間違えやすいですからね。

この一冊はやるべきだと思います。

 

一番上の評価にしても良かったのですが、長文問題のレベル分けの荒さが少し物足りない点だと思い一段階下げました。

 

英語長文ハイパートレーニングについての詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

www.kuronikki.com

 

英語長文レベル別問題集

英語長文ハイパートレーニングと同じ作者が書いています。

おそらく、ハイパートレーニングのレベルの荒さを補完するための問題集なのではないでしょうか?

 

この問題集はレベルが6段階に分かれており、自分にあった英語長文を演習できる問題集です。

 

解説も丁寧なので、独学で学びやすいというのも特徴です。

 

英語長文レベル別問題集の詳しい情報はこちらでご覧ください。

 

www.kuronikki.com

 

ドラゴンイングリッシュ基本英文100

これは、英作文の参考書です。

タイトルから察した人もいるかもしれませんが、これはドラゴン桜の英語教師のモデルとなった竹岡先生が著者である本です。

 

100個の英文の中に英作文に必要な知識が全て盛り込まれています。

100文覚えるだけで英作文に必要な基礎知識は全て覚えることができるでしょう。

 

CDが付いていて電車の中でも勉強しやすいのもオススメポイントです。

 

ドラゴンイングリッシュ基本英文100についての詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

www.kuronikki.com

 

オススメできる人は限られている問題集・参考書 

セミナー化学・物理・生物

学校で配られることも多いセミナーという問題集です。

解説も詳しく初学者にとってとても良い問題集です。

 

しかし、問題数が多すぎるためしっかり自分で復習できる人や、間違った問題の管理が自分でできる人でないと使いにくいと感じるかもしれません

 

とはいえ正しい使い方をすれば、かなりいい問題集であることに違いはありません。

 

正しいセミナーの使い方など詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

www.kuronikki.com

 

英作文ハイパートレーニング(和文英訳編・自由英作文編)

上の方で英語長文ハイパートレーニングを紹介しましたが、それと同じシリーズのものです。

ハイパートレーニングシリーズに共通するのが解説の詳しさです。

 

英作文というのは独学がかなり難しいというのは想像でもわかるかと思います。

しかし、この問題集は解説がかなり丁寧であるので独学でも学びやすいことが特徴です。

 

自由英作文編は、二次試験に自由英作文がある人にはぜひ使ってもらいたい問題集です。

 

しかし、和文英訳編はドラゴンイングリッシュとかぶっている部分も多く、和文英訳編をやるなら、ドラゴンイングリッシュの方が使いやすいです。

 

二つを平均して評価は星3つとしました。

 

英作文ハイパートレーニングについての詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

www.kuronikki.com

 

良問プラチカ

これもかなり有名な問題集です。

良問が揃っていてかなり別解も多いです。

1問あたりに3つの別解が載っていたりもするので、様々な角度から問題を見ることができるようになります。

 

しかし、この問題集は別解は多いですが解説がかなり少ないです。

典型問題をしっかりとこなした人が使うと理解はできます。

しかし典型問題の暗記をおろそかにした人には、かなり使いにくい問題集となっているでしょう。

 

良問プラチカの詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

www.kuronikki.com

 

青チャート

皆さんご存知の青チャート、評価が星3の理由はわざわざ語らなくてもいい気もします。

 

それは問題数が多すぎるということです。

かなり多いですよね。

例題だけでも平均約350問くらいあります。

 

この問題集を完璧にできる自信がある人だけ使ってください。

完璧にできたらかなり強いです。

典型的な手法は全て学べるといっても過言ではありません。

 

青チャートについての詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

www.kuronikki.com

 

ビジュアル英文解釈 

正直に言って僕が一番好きな参考書です。 

全ての教科の中でこの参考書が一番印象に残っています。

 

中学レベルの英文解釈能力しかなかった僕が、これをやるだけで難関大学レベルの英文もゆっくりであれば読めるようになりました。

 

しかし、評価を下げた理由はこの参考書をこなすのにかなりの時間がかかることが理由です。

 

しかし、この参考書をやり遂げるとかなりの英語力がつくのは間違いありません。

受験界隈でファンが多いのもうなずけます。

 

意志の強い方ぜひやってみてください。

 

ビジュアル英文解釈とよく比較される参考書であるポレポレと比較しました。

詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

www.kuronikki.com

 

使ってもいいが別に使わなくても良い問題集・参考書

やっておきたい英語長文シリーズ

超有名な英語長文問題集シリーズです。

良問を多く載せていますし、典型的な問題形式は全て載っています。

 

しかし、解説の少なさと、CDが付いていないということは、英語長文問題集にとって致命的かなと感じます。

 

他にいい問題集はあるのではないでしょうか?

わざわざこれを使う必要もないかと感じます。

 

やっておきたい英語長文シリーズについての詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

www.kuronikki.com

 

まとめ

問題集・参考書の評価は随時追加していこうと思っています。

 

この参考書の評価してよ

などございましたらお気軽にお問い合わせのフォームからお知らせください。

 

この記事は以上で終わりです。

理系の皆様の参考書選びのお役に立てたなら幸いです。

最後まで見ていただきありがとうございました。