クロ日記

偏差値40台から一年で大阪大学に受かった経験を生かして大学受験のことをまとめています。一日一投稿。

[高価買取]参考書や問題集を最も高く売る方法〜3つの方法を徹底比較〜

20190225164509

 

こんにちは!クロです!

 

みなさん、受験が終わって使い終わった参考書どうしていますか?

とりあえず家に置いてたりしませんか?

受験が終わったならもう絶対使うことはないでしょう。

 

参考書を売ると気持ち的にもスッキリしますし、部屋もスッキリします。

 

僕は、受験が終わってすぐに使っていた問題集を全て売りましたが1万5000円ほどになりました。

いいおこずかい稼ぎになりました。

 

置いておいてもしょうがないのでこの機会に売ってしまいましょう。

 

 

というわけで今回は、家にある使い終わった参考書を最も高く売る方法について話していきたいと思います。

 

  • 中古本買取店(book offなど)
  • スマホアプリ(ヤフオクやメルカリなど)
  • 参考書買取業者(学参プラザ)

の3つの方法について、メリット・デメリットも交えつつ比較していきます

 

高く売るためのコツについても話していきますよ!

中古本買取店

おそらくですが、多くの人が参考書を売るとなった時に一番初めに思いつくのがこの方法ではないでしょうか?

近くにあるBOOK OFFに持って行って売ろう。

と思うのは一番身近な方法でしょう。

 

しかし結論からから言ってしまうと、この方法はオススメしません。

ではメリット・デメリットについて話していきます。

メリット

・手軽であるということ

 

とにかくこれに尽きますね。

誰でも知っているので、とりあえず持っていけば売れる。

簡単ですね。

 

デメリット 

・買取価格がとにかく安い 

 

 BOOK OFFに本を売ったことがある人は絶対共感してくれるでしょう。

一冊10円は普通です。

100冊売っても1000円にしかならないかもしれません。

 

とりあえずこの方法はやめておきましょう。

 

スマホアプリ

スマホアプリとは、メルカリやヤフオクのことを指しています。

結構広がってきましたね。

やっているという人もいるんじゃないでしょうか?

 

これも、結論から言いましょう。

一番高く売れるのはスマホアプリです。

しかし、あまりオススメはしません。

 

メリット・デメリットについて話していきます。

 

メリット 

・高くで売れる

 

高く売れるのは事実です。

ブックオフの10倍くらいの値段はつくでしょう。

 

実際にどれくらいの値段で売れてるか調べてみました。

 

f:id:tam08:20190225153503j:plain

蒲田の化学基礎を初めからていねいに

350

 

f:id:tam08:20190225154017j:plain

玉川大学赤本(2019年版)

700

 

ブックオフに比べるとかなり高いですね。

 

デメリット

・めんどくさい
・慣れてないとトラブルになる

 

まず一番のデメリットは面倒くさいということでしょう。

スマホアプリで売る場合は一気に売れません。

 

一冊一冊文章を考えて、

出品して宅急便で送って、

やり取りをして。

 

僕も一度使ったことがありますが、かなり面倒くさかったです。

 

さらに、メルカリやヤフオクって手数料も取られます。

場合によっては送料も払わなければいけないこともあります。

 

時給換算で考えると、最低賃金は確実に割ってくるかなと思います。

 

あと、慣れてないとトラブルになる恐れもあります。

メルカリ特有のルールがあることは有名ですよね。

 

この面倒くささに耐えれる人はスマホアプリを使うと良いでしょう。

 

参考書買取業者

参考書買取業者の最大手は学参プラザです。

 

公式サイトはこちらです。

大学受験参考書・赤本、予備校テキスト買取サイト「学参プラザ」

2017年7月1日より限界価格宣言 をしています。

 

僕もここで売りました。

冒頭でも言ったのですが15000円で買い取ってもらえました。

結構書き込みをするタイプだったのですが、それでもこの価格というのはかなり高価格ですね。

 

結論から言うと学参プラザで売るのが一番オススメです。

 

ではメリット・デメリットについて話していきます。

メリット

・とにかく楽

・買取価格が高い

 

この二つです。

 

まず、学参プラザの一つ目のメリットは、とにかく楽だということです。

ダンボールに全部詰めて送るだけ。

ダンボールがないという人は無料で学参プラザが送ってくれます。

 

しかも10冊以上で送料無料です。

おそらくみなさん、参考書や問題集は10冊以上使っているのであるはずです。

 

しかも、お金の受け取り方法が

  • Amazonギフト券
  • 銀行振込
  • 現金書留

など複数あるのもいいですね。

 

まず二つ目のメリットは買取価格が高いということです。

買取実績はホームページに載ってありますがかなり高いです。

 

例を挙げると、

一対一対応の演習

ドラゴンイングリッシュ

ターゲット1900

などは定価の30%買取保証をしています。

つまり、300円以上ですね。

 

買取価格アップキャンペーンなどもよくやっています。

高価買取商品も多いので一度ホームページを確認しておきましょう。

大学受験参考書・赤本 専門買取サイト「学参プラザ」

 

デメリット 

・ヤフオクやメルカリほどは高く売れない

 

あえて出すならこれでしょうか。

ヤフオクやメルカリの方が高くは売れます。

 

高く売るためのコツ 

せっかく売るからには高くで売りたいですよね?

では高く売るためのコツについて話していきたいと思います!

 

付属品は一緒にしておく

CDや例文集などが付いている参考書も多いと思います。

それは絶対に一緒にしておきましょう。

 

CDなどはどこにしまったかわからなくなりがちですが、探せば絶対に出てきます。

 

僕も無くなったと思って、諦めていたハイパートレーニングのCD家にまだ残っています笑

 

付属品が付いているかついていないかでは、値段は大きく変わります。

 

絶対に探しておいてください。

 

できるだけ早く売る

できるだけ早く売るというのは本当に大事です。

本の価値というのは基本的に出版された直後が最も高いです。

そのあと価値はじりじりと右肩下がりになっていきます。

 

特に参考書なんかだと、新しいバージョンが1年ごとに出るなんてことも珍しくありません。

 

新しいバージョンが出たら古いバージョンは半値以下ということも普通にあります。

 

参考書はできるだけ早く売りましょう。

 

まとめ

  • 中古本買取店は、手軽だが買取価格が安い
  • スマホアプリは、買取価格が高いがかなり面倒
  • 学参プラザは、買取価格は高くて手軽

 

上にも書いたように、一番高く売れるのはスマホアプリですが、かなり面倒です。

 

一番オススメするのは学参プラザです。

参考書の価値はかなり下がりやすいので早めに売ってしまいましょう。

 

大学受験参考書・赤本、予備校テキスト専門買取サイト「学参プラザ」

 

この記事は以上で終わりです。

使い終わった参考書の扱い方に迷っている人の役に少しでも立てたなら幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。